必見!診療報酬担保☆情報ガイド

診療報酬担保融資の選び方

一般的に報酬が良いと思われがちな医療機関であっても、事業者として経営を行っていく上で、資金繰りは極めて重要です。十分な資金が無ければ、医療機器の新規購入や更新もできません。また、スタッフへの賃金の支払いなど日常的な支出も少なくありません。

余裕を持った資金繰りを維持することが一番ですが、どうしても一時的に資金が不足する場合、医療機関特有の資金調達手段として、診療報酬担保融資が利用できます。これは、その名前の通り、将来に受け取る予定の診療報酬を担保として、金融機関などからお金を借りる方法です。

最近では、銀行から民間企業まで、多くの事業者が診療報酬担保融資の取り扱いをしています。このサイトでは、取り扱い機関ごとの商品の特徴を詳しく比較しています。どこから融資を受ければ良いのか迷った時に活用してください。

Businext

病院やクリニックを開院するためには巨額な費用がかかります。医療設備はそんなに安いモノではないからです。Businextでは様々なローンを用意して個々の利用者に対応しています。Businextに依頼して用意してくれる金額は100万から5億です。

診療報酬担保は文字通り、診療報酬を担保にしてローンを組むことです。Businextは原則的に保証人を必要していません。さらに来店することなく、オンラインで資金調達ができます。申し込みから審査、ご利用がスピーディーです。

審査状況によってスタッフが丁寧に対応します。利用者は計画的に利用するだけです。つまり、貸付条件をご確認して借り過ぎには注意するだけです。申し込みの際に時間がかかる場合もあるので申し込みの時は余裕を持ちましょう。

ライフカード

医療設備の新規導入や新たな開業など医療・介護・調剤事業者はライフカードの診療報酬担保ローン(メディカルサポート)を利用しましょう。たとえお医者様でも、事業資金を調達するのは困難な場合が多いことでしょう。特に最新の医療機器は高額で、治療に有効でも導入にはしり込みしてしまいます。その場合、診療報酬を担保として有効活用できます。

診療報酬は優良資産です。この優良資産を利用して、新しい設備を導入して患者の治療と病院の利益に繋げましょう。ライフカードでは、最大で約3.5ヶ月分の診療報酬債権を評価してくれ、融資をしてもらえます。手数料などの追加費用も発生せずに安心して利用できます。

ライフカードでは、設立が浅くて実績が少ない新設事業者でも融資が可能です。診療報酬の債権はとっても優良なので、不動産などの担保物件も不要です。患者の役に立つ設備を導入する大きな味方となります。

昭和リース

昭和リースでは診療報酬担保に、長期の病院の運営資金や高度医療設備の導入資金の融資を行っています。医療法人や介護事業者の診療報酬・将来のキャッシュフローに着目し、スムーズな病院運営・介護事業運営に協力しています。

様々な融資の目的に対応でき、「設備・施設の老朽化の対応」「高度医療機器の導入」「新築や移転」「他の病院や薬局の買収」などでも融資が可能となっています。たとえ病院といえども、年々進む医療技術の進歩についていくには大きな資金が必要です。それに応えてくれるのが、昭和リースの【診療(介護)報酬債権担保ローン】です。

昭和リースは、診療(介護)報酬5ヶ月分(最大20億円)までの融資に対応が可能です。これはこの業界の最大水準になります。さらに長期の返済期間の設定が可能で、設備資金は最長10年、運転資金は最長5年です。

TOMIN

TOMINは、診療報酬担保や介護報酬担保など、医療に携わる人に向けた商品を数多く取り揃えている会社です。診療報酬債権を活用して、最大3000万円の融資が受けられる商品もあり、急にまとまった事業資金が必要になったという時にも対応してくれます。

TOMINを利用するメリットの1つに、そのスピーディーな審査という点があります。電話やWeb上で手軽に申し込みができ、簡単な受付を済ませ最短3日で審査結果を伝えてくれる忙しい医療事業者などにとってはとてもありがたいサービスと言えるでしょう。

そして、TOMINの最大の特徴の1つが、この業界で50年もの歴史を重ねているという点があります。その理由には業界随一の金利の低さや諸費用が無料であるという事や、北海道から沖縄まで、全国の個人法人問わず貸付業務を行ってきたというキャパシティの広さなどが挙げられます。

晶光商事株式会社

晶光商事株式会社は、各種担保ローンを取り扱っている会社です。例えば、診療報酬担保や売掛債権を担保にして融資を行います。多額の事業資金が必要な場合でも、担保があることからスピーディーな融資を受けることが可能となっています。

また、こちらの会社は事前に顧客の不安を解消したうえでサポートをしています。ホームページではかなり細かい部分にまでQ&Aという形で、疑問点を解消できるように情報を掲載しているので、これを見れば疑問点を払しょくすることが可能です。

創業38年の老舗の金融総合商社であり、ビジネスローン取り扱いの実績も豊富です。常に顧客との信頼を大切にしてきた会社で、ニーズに合った金融商品の提案をしてもらうことができます。

湊屋商事

湊屋商事では、保険医療機関や介護事業者などを対象に、診療報酬担保を活用した事業資金の融資を行っています。診療報酬等の4ヶ月分までの融資が可能なので、手元にある債権を早期にキャッシュ化することができます。

融資期間は最長で60ヶ月(5年間)となっており、長期的かつ安定的な運転資金を調達可能です。また、返済方法も元利均等返済・元金分割返済・元金一括返済の中から選択でき、無理のない返済プランを立てることができます。

もしも融資期間の途中で繰上げ返済をしたくなった場合にも、違約金や解約手数料は一切発生しません。そのため、経営状況に応じて、計画的に返済を進められる点も安心です。

診療報酬担保には多くのメリットがある

診療報酬担保というのは、ローンの一種で医療機関や個人病院に対して診療報酬を担保として貸付を行う事です。開業したばかりの医療機関や、新しい医療機器を入れたい場合、老託した施設を新しくしたい場合などに対して融資を行うことが多いと言えます。融資額は100万円から数億円までとなっていますので、長期の資金調達やM&Aに対しても有効に使用できると言えるでしょう。保証人も不要で、書類による審査のみの場合が多いため審査もスピーディーですぐに対応してくれるため日々の業務にすぐに生かすことが出来ます。返済期間も5年から10年と長期で返済することが出来、金利も5%からと一般の貸付に対して低いため事業計画も立てやすいと言えます。病院開業許可証と、医療免許などは共通して必要となりますので、事前に準備しておくことが大切です。

診療報酬担保を受けるメリットは、資金がすぐに調達出来る為、開業直後などの資金繰りが安定する点が1番大きなメリットと言えます。通常医療機関が資金を得るには、患者様を診察し、次月に診療報酬の請求を行います。その翌々月に国保・健保・協会けんぽのいずれかから資金を得るという流れになっている為、資金を得るには最低でも2ヶ月から3ヶ月はかかってしまうので、開業直後やリフォームをした後などは資金を得られない2ヶ月の間の資金繰りが悪化してしまうのです。クリニックや医療機関では高額な報酬を支払わないと人材が集まらない人材難にあります。良い人材が集まらなければ患者様も病院に来てくれませんので、人材集めを怠るわけにはいかないのです。医療報酬を受ける前に雇っている医者へ金銭を支払わなければならないため、担保を使用するのは良いと言えるでしょう。

診療報酬担保を受けると、審査をしてから3営業日から5営業日ほどで資金を手にすることが出来ます。診療報酬は担保としてとても信頼性の高いものと言えるため、他の融資を受けるよりスピーディーに、かつ高額な資金を得ることが可能なのです。特にMRIなどの高額な医療機器を購入した場合や医者の数を増やしたいと考えた際など、資金繰りを安定させるために使用するのも良いと言えるでしょう。また、診療報酬担保の場合、有価証券や不動産などの担保を余計に取る事はありませんので、銀行への貸付につき影響がないというのもメリットと言えるでしょう。現在銀行にローンをお願いしていたり、以前銀行に断られたという医療期間であっても審査に通る事はあるため、必要な書類を持って一度相談してみると良いと言えます。