困ったときに頼みたい!川崎の税理士比較

三角の画像

top > 税理士情報 > 経理の相談や節税の相談をしてもらえる

経理の相談や節税の相談をしてもらえる

 会社の経営をするときは、どんどん利益が上がるよう計画を立てます。売り上げをアップさせたり、経費を削減したりいろいろな努力をします。利益が上れば、その分会社にお金を残すことが出来、さらにそれを元手に会社を大きくできます。
 しかし、会社で稼いだ利益はすべてを会社の中に置いておくことはできません。日本では税金の仕組みがあるため、所得があれば税金が徴収されます。個人なら所得税がかかり、法人なら法人税がかかります。
 日本の法人税率は、他の国に比べても高いとされています。せっかく稼いで貯めたとしても、それが税金で出て行ってしまいます。なかなか効率的に会社を大きくすることが出来ません。他社も同じ条件で頑張っていますが、どんな工夫をしてお金を残すようにしているかです。


 もし、今税務の専門家に依頼していないなら、税理士にお願いしてみるとよいかもしれません。税金に関する専門家で、主に税務申告などの代行を行ってくれます。法人税の申告は大変ですが、専門家ですから簡単に行ってもらえます。
 専門家以外が行うと税務調査の頻度なども多くなる場合がありますが、頼んでいると書類の正確性や信用も高まるので税務調査の頻度も少なくなります。何よりうれしいのは節税の相談をできることでしょう。
 税金には税法と呼ばれる法律があります。この法律を元に計算されますが、いろいろなルールが決められています。その中には、経費を余分に計上できる仕組みであったり、税金の支払いを先に延ばせる繰延の仕組みなどがあります。同じ支払をするのでも、先に延ばした方がより有利にお金を使えます。


 税金のプロですが、税金を計算する過程の会計のプロでもあります。それぞれの会社では経理部などがいて、日々会計処理をしています。人が地道に仕訳をすることもありますし、古い会計ソフトや表計算ソフトなどを使って処理をする場合もあります。あまり効率的でない場合があります。税務や会計に関する最新のソフトの導入などに関して相談できる場合があります。
 通常経理業務を行うときには、簿記の知識が必要です。誰でも持っているわけではないので、人を採用するときにも困ります。会計ソフトによっては、簿記の知識をほとんど必要としないものもあります。より使いやすいソフトなども教えてもらえます。ソフトを使って出た会計情報の見方なども教えてもらえるので、より売り上げをアップ出来たり、経費削減ができるかもしれません。